ひき逃げOKで虐待NG…大リーグ“問題児”への許容範囲は?

公開日: 更新日:

 3日間にわたって行われた大リーグのドラフト会議が14日(日本時間15日)に終了し、30球団合わせて1215選手が指名された。

 今年はレイズが1巡目に指名したルイビル大の二刀流ブレンダン・マッケイ一塁手(21)らの動向が注目された中、逸材と評判の大学生左腕は指名を見送られた。オレゴン州立大学のルーク・ハイムリッチ投手(21)だ。

 同大学のエースであるハイムリッチは今季11試合(計103回)に投げ、9勝1敗、防御率0.87。185センチと米国人にしては上背はないものの、MAX152キロの直球とチェンジアップを武器に114奪三振をマーク。全30球団が指名を検討し、「ベースボール・アメリカ」など野球専門メディアは確実に2巡目までに指名されると予想していた。

 しかし、ドラフト直前になって地元紙「オレゴニアン」はハイムリッチが15歳だった12年に6歳の少女への性的虐待で起訴されていたと報道。すでに更生プログラムは受けているとはいえ、入団後のリスクを恐れて獲得を検討していた球団は、あえて指名を断念したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る