ひき逃げOKで虐待NG…大リーグ“問題児”への許容範囲は?

公開日: 更新日:

 3日間にわたって行われた大リーグのドラフト会議が14日(日本時間15日)に終了し、30球団合わせて1215選手が指名された。

 今年はレイズが1巡目に指名したルイビル大の二刀流ブレンダン・マッケイ一塁手(21)らの動向が注目された中、逸材と評判の大学生左腕は指名を見送られた。オレゴン州立大学のルーク・ハイムリッチ投手(21)だ。

 同大学のエースであるハイムリッチは今季11試合(計103回)に投げ、9勝1敗、防御率0.87。185センチと米国人にしては上背はないものの、MAX152キロの直球とチェンジアップを武器に114奪三振をマーク。全30球団が指名を検討し、「ベースボール・アメリカ」など野球専門メディアは確実に2巡目までに指名されると予想していた。

 しかし、ドラフト直前になって地元紙「オレゴニアン」はハイムリッチが15歳だった12年に6歳の少女への性的虐待で起訴されていたと報道。すでに更生プログラムは受けているとはいえ、入団後のリスクを恐れて獲得を検討していた球団は、あえて指名を断念したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る