• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「食の戦争」鈴木宣弘著

<米国の食料安全保障戦略>

 日本の「食」をめぐる危機的状況を伝え、その処方箋を説いたリポート。

 食料が世界をコントロールするための一番安い武器だと認識しているアメリカは、徹底した食料戦略で食料輸出国になっている。08年に深刻化した世界食料危機も実は、干ばつによる不作の影響というよりは、このアメリカの戦略による人災の側面が強かったという。その食料危機を解説しながら、貿易自由化の徹底が食料安全保障にどのような影響を及ぼすかを考察。その他、遺伝子組み換え農産物やBST(牛成長ホルモン)の危険性、TPP問題まで。アメリカの食料戦略に既に取り込まれた日本の現状を告発し、国家戦略の再構築を提言する。
(文藝春秋 710円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る