「なぜベトナム人は痩せているのか」森由香子著

公開日: 更新日:

 ダイエットを行う場合、ご飯の量を減らしたり、まったく食べないという人も増えている。しかし、炭水化物を極端に減らすと代謝が落ちて太りやすくなるともいわれている。

 一方、日本と同じ“お米の国”であるベトナムでは、食生活が豊かであるにもかかわらず、WHOによる肥満比率国際比較では、対象となった91カ国中、一番低かったという。その秘密は、“分食”にあると本書。ベトナムの人々は間食も含めて1日5回ほど食事をする。そして、間食はスイーツなどではなく、生春巻きのような前菜料理を好む。

 ただし、1食の量は少なめで、ご飯や肉も食べるが野菜を大量に取る特徴があるという。我慢いらずで太りにくい体をつくる、ベトナムの食生活を学んでみたい。
(幻冬舎 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る