• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なぜベトナム人は痩せているのか」森由香子著

 ダイエットを行う場合、ご飯の量を減らしたり、まったく食べないという人も増えている。しかし、炭水化物を極端に減らすと代謝が落ちて太りやすくなるともいわれている。

 一方、日本と同じ“お米の国”であるベトナムでは、食生活が豊かであるにもかかわらず、WHOによる肥満比率国際比較では、対象となった91カ国中、一番低かったという。その秘密は、“分食”にあると本書。ベトナムの人々は間食も含めて1日5回ほど食事をする。そして、間食はスイーツなどではなく、生春巻きのような前菜料理を好む。

 ただし、1食の量は少なめで、ご飯や肉も食べるが野菜を大量に取る特徴があるという。我慢いらずで太りにくい体をつくる、ベトナムの食生活を学んでみたい。
(幻冬舎 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る