• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本人へ 危機からの脱出篇」塩野七生著

<歴史&世界から国難脱出法を探る>

 「文藝春秋」連載の同名エッセーから生まれた「日本人へ」シリーズの第3弾。「リーダー篇」「国家と歴史篇」に続く本書は、東日本大震災が起きた時期を含む2010年5月から13年10月までに掲載された42本が収録されていることもあり、「日本は今の危機からどのようにして脱出するか」がテーマのひとつになっている。著者が得意とするヨーロッパと日本との比較文化論や政治論のキレも健在だ。

 著者は、日本の大震災を「未曽有の国難は新旧世代の交代にはチャンスになる」として震災を糧にして進むよう鼓舞。世界中にカントリーリスクがゼロの国はどこにもないとして、日本企業は国内で国際競争力を持つ製品を製造したらどうかと提案する。さらに、イタリアでは、モンティ政権が実施した緊縮策によって市民の経済活動がガラス張りになった状況を紹介。徴税の簡素化が起こらない代わりに、取れるところから貪欲に税金をむしり取る政策によって、イタリア人は金を使おうとしなくなったと指摘。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る