「日本人へ 危機からの脱出篇」塩野七生著

公開日:  更新日:

<歴史&世界から国難脱出法を探る>

 「文藝春秋」連載の同名エッセーから生まれた「日本人へ」シリーズの第3弾。「リーダー篇」「国家と歴史篇」に続く本書は、東日本大震災が起きた時期を含む2010年5月から13年10月までに掲載された42本が収録されていることもあり、「日本は今の危機からどのようにして脱出するか」がテーマのひとつになっている。著者が得意とするヨーロッパと日本との比較文化論や政治論のキレも健在だ。

 著者は、日本の大震災を「未曽有の国難は新旧世代の交代にはチャンスになる」として震災を糧にして進むよう鼓舞。世界中にカントリーリスクがゼロの国はどこにもないとして、日本企業は国内で国際競争力を持つ製品を製造したらどうかと提案する。さらに、イタリアでは、モンティ政権が実施した緊縮策によって市民の経済活動がガラス張りになった状況を紹介。徴税の簡素化が起こらない代わりに、取れるところから貪欲に税金をむしり取る政策によって、イタリア人は金を使おうとしなくなったと指摘。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る