「日本人へ 危機からの脱出篇」塩野七生著

公開日: 更新日:

<歴史&世界から国難脱出法を探る>

 「文藝春秋」連載の同名エッセーから生まれた「日本人へ」シリーズの第3弾。「リーダー篇」「国家と歴史篇」に続く本書は、東日本大震災が起きた時期を含む2010年5月から13年10月までに掲載された42本が収録されていることもあり、「日本は今の危機からどのようにして脱出するか」がテーマのひとつになっている。著者が得意とするヨーロッパと日本との比較文化論や政治論のキレも健在だ。

 著者は、日本の大震災を「未曽有の国難は新旧世代の交代にはチャンスになる」として震災を糧にして進むよう鼓舞。世界中にカントリーリスクがゼロの国はどこにもないとして、日本企業は国内で国際競争力を持つ製品を製造したらどうかと提案する。さらに、イタリアでは、モンティ政権が実施した緊縮策によって市民の経済活動がガラス張りになった状況を紹介。徴税の簡素化が起こらない代わりに、取れるところから貪欲に税金をむしり取る政策によって、イタリア人は金を使おうとしなくなったと指摘。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る