フランスで120万部、世界39カ国で翻訳出版 作家D・フェンキノス氏に聞く

公開日: 更新日:

 強いオンナだ。しかし、心はどこかに「癒やし」を求めていたのか、ある日、“事件”が起こる。彼女の部下で、誰も関心を持たないような、うだつの上がらない男性、マルキュスにナタリーはいきなり、キスをするのだ。それもオフィスで。さしたる理由もなく、唐突に!

「この小説は、最初にひとりの女性が男性にキスをするシーンがパッと頭に浮かんだんです。その後、それはどんな女性なのか。男性は? なぜキスを? と考えた。キスシーンからフラッシュバックするようにナタリーの過去を書きました。マトリョーシカのように最初は小さな人形でしたが、それをだんだん、大きくしていった感じです」
 こういうフェンキノス氏の脳裏にひらめいたキスシーンとは「自分でも分からないのにキスしてしまう。理解不能、不可解なシーンだ」という。

 肉体的で、衝動的で、生理的で、理性的ではない行動。それによって、鉄のように閉ざされていた女性の心が溶けていくのが面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  6. 6

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    在台邦人「アストラゼネカ」ワクチン優先接種に戦々恐々

  9. 9

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  10. 10

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

もっと見る

人気キーワード