• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒトに問う」倉本聰著

■経済成長しか見えない日本人への警鐘

 東日本大震災から2年半を過ぎた今、社会のほころびが隠せなくなった日本社会について考察したエッセー集。NPO法人富良野自然塾の機関誌「季刊・カムイミンタラ」に連載中の同名エッセーに加筆・再編集を加えてまとめたものだが、2011年の夏から13年秋まで、著者が被災地に足を運び、人々と語らいながら見えてきた文明社会の闇が赤裸々に暴かれている。

 表題の「ヒト」とは、地位や身分、個人や組織の事情、貧富や思想や職業や利害関係、民族や国家などの社会の束縛を超えた、地球に生きる命としての「ヒト」を指す。

 被災地を忘れて原発再稼働を唱え、目先の経済成長に目を奪われている日本人は、すでにヒトではなく自然を上から目線で支配する怪物に成り果ててしまった。さらに都市に集まった「消費民族」と、地方の「生産民族」に二分された結果、生きる上で必須の酸素・水・食料ではなく、カネと携帯を必需品と考える若者が増加したことも指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る