「がんになって生きるということ、死ぬということ」常蔭純一著

公開日: 更新日:

 がんという病と闘い亡くなった、19人の著名人の最期の生の物語。

「漫画の神様」と呼ばれた手塚治虫氏は、平成2年に胃がんでこの世を去った。胃に不調を感じ、検査を受けたときには、すでに胃の全摘出が不可欠なほどがんが進行していたという。幸い術後の経過は順調で、すぐに3本の連載漫画の執筆を開始。まるで生き急ぐかのように精力的に仕事に取り組んだ。

 亡くなる1週間前、手塚氏は混濁する意識の中でこんな言葉を口にする。「頼むから仕事をさせてくれ」。漫画を究めようと走り続けた、プロフェッショナルの姿がそこにあったという。

 井上ひさし、本田美奈子、梨元勝、団鬼六など、彼らの終末との向き合い方と死にざまから、人生とは何かを学び取りたい。
(潮出版社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る