「がんになって生きるということ、死ぬということ」常蔭純一著

公開日: 更新日:

 がんという病と闘い亡くなった、19人の著名人の最期の生の物語。

「漫画の神様」と呼ばれた手塚治虫氏は、平成2年に胃がんでこの世を去った。胃に不調を感じ、検査を受けたときには、すでに胃の全摘出が不可欠なほどがんが進行していたという。幸い術後の経過は順調で、すぐに3本の連載漫画の執筆を開始。まるで生き急ぐかのように精力的に仕事に取り組んだ。

 亡くなる1週間前、手塚氏は混濁する意識の中でこんな言葉を口にする。「頼むから仕事をさせてくれ」。漫画を究めようと走り続けた、プロフェッショナルの姿がそこにあったという。

 井上ひさし、本田美奈子、梨元勝、団鬼六など、彼らの終末との向き合い方と死にざまから、人生とは何かを学び取りたい。
(潮出版社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る