「福島第一原発観光地化計画」東浩紀編

公開日: 更新日:

■「福島」を風化させないために「観光地化」を提言

 福島第1原子力発電所の跡地と周辺地域の「観光地化」を実現するための提言書。観光地化という言葉に眉をひそめる方もいるかもしれないが、一般市民の見学を積極的に誘致することを目指し、それぞれの専門家が真剣に知恵を出し合い、後世のために具体的な開発計画を提案する。

 実は、福島第1原発の四半世紀前に深刻な事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所とその周辺地域は、現在、積極的に観光客を受け入れている。その始まりは、報道関係者を対象とした被災者、事故処理関係者らによる自発的なスタディーツアーだった。そして今、福島第1原発事故の避難対象地域でも同じように「観光地化」への萌芽が見られるという。

 まずは、富岡町や浪江町、南相馬市で被災者自身がガイドを務めるツアーの実際を紹介。それをどのように発展させるかを専門家らが「食」などの視点から提言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る