「福島第一原発観光地化計画」東浩紀編

公開日: 更新日:

■「福島」を風化させないために「観光地化」を提言

 福島第1原子力発電所の跡地と周辺地域の「観光地化」を実現するための提言書。観光地化という言葉に眉をひそめる方もいるかもしれないが、一般市民の見学を積極的に誘致することを目指し、それぞれの専門家が真剣に知恵を出し合い、後世のために具体的な開発計画を提案する。

 実は、福島第1原発の四半世紀前に深刻な事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所とその周辺地域は、現在、積極的に観光客を受け入れている。その始まりは、報道関係者を対象とした被災者、事故処理関係者らによる自発的なスタディーツアーだった。そして今、福島第1原発事故の避難対象地域でも同じように「観光地化」への萌芽が見られるという。

 まずは、富岡町や浪江町、南相馬市で被災者自身がガイドを務めるツアーの実際を紹介。それをどのように発展させるかを専門家らが「食」などの視点から提言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る