「ラブレス」桜木紫乃著

公開日:  更新日:

■女3代の壮絶な人生を描く

 釧路市役所で電話交換手として働く小夜子は、札幌に住む従姉妹の理恵に頼まれ、数日前から連絡が取れないという伯母の百合江の家を訪ねる。生活保護を受け町営住宅で暮らす百合江は、位牌を握りしめて、今にも旅立とうとしていた。位牌には理恵も知らぬ名が刻まれていた。

 昭和25年、道東の開拓村で育った百合江が中学生のとき、釧路の親戚に預けられていた妹の里実が実家に戻ってきた。しかし、里実と入れ替わるように百合江は奉公に出される。数カ月後、町に興行に来た旅芸人に魅せられた百合江は、弟子入りを志願して、一座に加わり町を後にする。

 女3代の壮絶な人生を描いた、直木賞作家の原点ともいえる長編小説。
(新潮社 630円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る