「変身」堀潤著

公開日:  更新日:

■大マスコミの看板より市民としての責任を

 あれほどの大災害と大事故が、2年半を経て急速に忘れられようとしている。しかし原発事故の影響はいまもあらわ。本当にこのままでいいのか。

 NHKきっての若手行動派キャスターとして人気のあった著者。東電福島第1原発の事故報道でツイッターからさまざまな情報発信をおこなったのが上層部に疎まれ、渡米留学中に制作したドキュメンタリー映画が局からの圧力で上映中止に。毀誉褒貶(きよほうへん)の中、ついに退職した著者はフリーのジャーナリストとして取材をつづけ、本書を世に問うた。

 といってもNHK告発記ではない。取材の過程でいかに市民目線で原発事故の実態に迫る意欲を固めたか。事故当時の混乱の中、NHKではベテラン記者でさえもが「クビを覚悟で」しか詳しく報道できなかった。著者はそのとき大マスコミの看板より市民としての責任から、テレビでは突っ込めない側面をツイッター発信して圧力を受けたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る