「変身」堀潤著

公開日:  更新日:

■大マスコミの看板より市民としての責任を

 あれほどの大災害と大事故が、2年半を経て急速に忘れられようとしている。しかし原発事故の影響はいまもあらわ。本当にこのままでいいのか。

 NHKきっての若手行動派キャスターとして人気のあった著者。東電福島第1原発の事故報道でツイッターからさまざまな情報発信をおこなったのが上層部に疎まれ、渡米留学中に制作したドキュメンタリー映画が局からの圧力で上映中止に。毀誉褒貶(きよほうへん)の中、ついに退職した著者はフリーのジャーナリストとして取材をつづけ、本書を世に問うた。

 といってもNHK告発記ではない。取材の過程でいかに市民目線で原発事故の実態に迫る意欲を固めたか。事故当時の混乱の中、NHKではベテラン記者でさえもが「クビを覚悟で」しか詳しく報道できなかった。著者はそのとき大マスコミの看板より市民としての責任から、テレビでは突っ込めない側面をツイッター発信して圧力を受けたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る