「警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官」梶永正史著

公開日: 更新日:

■第12回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作

 第12回「このミステリーがすごい!」大賞受賞2作品のうちの一作である。主人公はおなじみの警視庁捜査1課ではなく、企業犯罪や政治家の汚職を捜査する2課の刑事。しかも女性だ。普段は捜査対象を数字で追いつめていく〈電卓女〉こと郷間彩香は、ある日、渋谷の百貨店A館内の銀行で起きた立てこもり事件の犯人に指名され、現場に呼び出される――。

■「男目線じゃなくOLに近いような女性刑事を主人公にしました」

 主人公を捜査2課、しかも女性刑事にしたのはなぜなのか?

「主人公を普通の警察小説とまったく違うところから持ってこようという考えはありました。ベテランが活躍するよりは、読者と同じレベルで、状況に巻き込まれてアタフタしたほうが面白いかなと。それも男目線ではなくて、OLに近いような女性にしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る