「警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官」梶永正史著

公開日:  更新日:

■第12回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作

 第12回「このミステリーがすごい!」大賞受賞2作品のうちの一作である。主人公はおなじみの警視庁捜査1課ではなく、企業犯罪や政治家の汚職を捜査する2課の刑事。しかも女性だ。普段は捜査対象を数字で追いつめていく〈電卓女〉こと郷間彩香は、ある日、渋谷の百貨店A館内の銀行で起きた立てこもり事件の犯人に指名され、現場に呼び出される――。

■「男目線じゃなくOLに近いような女性刑事を主人公にしました」

 主人公を捜査2課、しかも女性刑事にしたのはなぜなのか?

「主人公を普通の警察小説とまったく違うところから持ってこようという考えはありました。ベテランが活躍するよりは、読者と同じレベルで、状況に巻き込まれてアタフタしたほうが面白いかなと。それも男目線ではなくて、OLに近いような女性にしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る