• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官」梶永正史著

■第12回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作

 第12回「このミステリーがすごい!」大賞受賞2作品のうちの一作である。主人公はおなじみの警視庁捜査1課ではなく、企業犯罪や政治家の汚職を捜査する2課の刑事。しかも女性だ。普段は捜査対象を数字で追いつめていく〈電卓女〉こと郷間彩香は、ある日、渋谷の百貨店A館内の銀行で起きた立てこもり事件の犯人に指名され、現場に呼び出される――。

■「男目線じゃなくOLに近いような女性刑事を主人公にしました」

 主人公を捜査2課、しかも女性刑事にしたのはなぜなのか?

「主人公を普通の警察小説とまったく違うところから持ってこようという考えはありました。ベテランが活躍するよりは、読者と同じレベルで、状況に巻き込まれてアタフタしたほうが面白いかなと。それも男目線ではなくて、OLに近いような女性にしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る