「海よ、やすらかに」喜多嶋隆著

公開日:  更新日:

■シロギスの大量死に隠された陰謀

 ハワイ大学海洋生物研究所の研究員で魚類保護官でもある浩美に、実家のある藤沢市の市役所から協力要請が舞い込む。片瀬海岸に大量死したシロギスが打ち上げられているというのだ。原発事故の影響が心配されたが、水産技術センターで検査しても原因は分からないという。市役所の担当者に泣きつかれ帰国した浩美は、海に出て調査を続けるが、シロギスの死因は分からない。そんな中、水産技術センターの職員が極秘に浩美に接触してきた。彼の話に疑問を抱き、センターに忍び込んだ浩美は、検査のためにセンターに運び込まれたシロギスが、浜辺に打ち上げられたものと別物だったことを知る。

 日本の漁業と食の問題に迫る海洋サスペンス。
(KADOKAWA 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る