「海よ、やすらかに」喜多嶋隆著

公開日: 更新日:

■シロギスの大量死に隠された陰謀

 ハワイ大学海洋生物研究所の研究員で魚類保護官でもある浩美に、実家のある藤沢市の市役所から協力要請が舞い込む。片瀬海岸に大量死したシロギスが打ち上げられているというのだ。原発事故の影響が心配されたが、水産技術センターで検査しても原因は分からないという。市役所の担当者に泣きつかれ帰国した浩美は、海に出て調査を続けるが、シロギスの死因は分からない。そんな中、水産技術センターの職員が極秘に浩美に接触してきた。彼の話に疑問を抱き、センターに忍び込んだ浩美は、検査のためにセンターに運び込まれたシロギスが、浜辺に打ち上げられたものと別物だったことを知る。

 日本の漁業と食の問題に迫る海洋サスペンス。
(KADOKAWA 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る