• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品」渡辺雄二著

 うがいや歯磨き、髪や体を洗うなど、日常の習慣がさまざまな不調の原因となることがあり、その原因は何げなく使われている生活用品にあると警告する本書。

 例えば、ポピドンヨードという有効成分を含んだ「ヨードうがい薬」でうがいをすることだ。確かに、細菌やウイルスに対する殺菌効果はあるが、同時に粘膜にすむ常在菌も殺してしまう。通常、常在菌は病気を起こすことはなく、むしろ病原菌の侵入を防いでくれる。つまり、ヨードうがい薬を使っていると、抵抗力が弱まり感染症にかかりやすくなるのだという。

 清涼感のある歯磨き粉を使うことで歯周病になりやすくなる、シャンプーが毛母細胞にダメージを与えるなど、驚きの事実も明らかにされる。
(幻冬舎 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る