「睡眠と脳の科学」古賀良彦著

公開日:  更新日:

 体と脳を休ませてストレスも解消する睡眠。不足すると免疫力が下がり、重大な疾患も招きかねないため、毎日決まった時間に決まった長さ眠ることが理想だ。しかし、忙しい現代人には不可能に近い。そこで本書は、睡眠のメカニズムと、シチュエーション別の効率的な睡眠法を解説していく。

 いつも7時起床の人が接待ゴルフなどで早朝4時に起きなければならない場合、前日は22時に就寝するようにしたい。人間は7時間睡眠が理想だが、6時間でも許容範囲だ。一方、早朝起床だからといって徹夜したまま出かけたり、翌日に寝だめをするのは厳禁。睡眠リズムが狂い、睡眠障害に陥りやすくなるという。

 他にも、徹夜翌日の睡眠法、時差ぼけの直し方なども紹介する。
(祥伝社 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る