• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「睡眠と脳の科学」古賀良彦著

 体と脳を休ませてストレスも解消する睡眠。不足すると免疫力が下がり、重大な疾患も招きかねないため、毎日決まった時間に決まった長さ眠ることが理想だ。しかし、忙しい現代人には不可能に近い。そこで本書は、睡眠のメカニズムと、シチュエーション別の効率的な睡眠法を解説していく。

 いつも7時起床の人が接待ゴルフなどで早朝4時に起きなければならない場合、前日は22時に就寝するようにしたい。人間は7時間睡眠が理想だが、6時間でも許容範囲だ。一方、早朝起床だからといって徹夜したまま出かけたり、翌日に寝だめをするのは厳禁。睡眠リズムが狂い、睡眠障害に陥りやすくなるという。

 他にも、徹夜翌日の睡眠法、時差ぼけの直し方なども紹介する。
(祥伝社 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る