「睡眠と脳の科学」古賀良彦著

公開日: 更新日:

 体と脳を休ませてストレスも解消する睡眠。不足すると免疫力が下がり、重大な疾患も招きかねないため、毎日決まった時間に決まった長さ眠ることが理想だ。しかし、忙しい現代人には不可能に近い。そこで本書は、睡眠のメカニズムと、シチュエーション別の効率的な睡眠法を解説していく。

 いつも7時起床の人が接待ゴルフなどで早朝4時に起きなければならない場合、前日は22時に就寝するようにしたい。人間は7時間睡眠が理想だが、6時間でも許容範囲だ。一方、早朝起床だからといって徹夜したまま出かけたり、翌日に寝だめをするのは厳禁。睡眠リズムが狂い、睡眠障害に陥りやすくなるという。

 他にも、徹夜翌日の睡眠法、時差ぼけの直し方なども紹介する。
(祥伝社 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る

人気キーワード