「コンビニ&スーパーの食品添加物は死も招く」小薮浩二郎著

公開日:  更新日:

 近頃では、コンビニやスーパーの弁当やサンドイッチに「保存料、合成着色料、甘味料は使用していません」という表示がされている。企業努力で健康に良いものを作っているのだと思わされてしまうが、実は添加物の規格や表示基準のマジックである場合が多いと本書。

 例えば、ハムとチーズのサンドイッチ。原材料名を見てみると、「くん液」という表示がある。おそらくハムに練り込まれているもので、スモークしなくてもスモーク風になる添加物だ。くん液にはアルデヒド類やフェノール類などを含むものもあり、発がんの危険がゼロではないにもかかわらず、天然添加物に分類されているというから恐ろしい。

 自分の口に何が入っているのか、いま一度確かめたい。
(マガジンランド 1389円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る