• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「9割の人が栄養不足で早死にする!」溝口徹著

 栄養失調とは無縁に思える飽食の日本。しかし一方で、ファストフードやコンビニ食による栄養の偏りによって、腹いっぱい食べているにもかかわらず「新型栄養失調」に陥り、思わぬ病気に悩まされる人が増えている。

 たとえば、ビタミンBの不足で起こるかっけである。清涼飲料水やインスタント食品を多く取る人の場合、大量の糖質を体内で分解しなければならず、その際にビタミンBも大量消費される。現代の食生活ではビタミンBの不足は起こりえないといわれてきたが、腱反射消失をはじめ全身の倦怠感や浮腫などの症状を訴える人の食生活を調べると、糖質の過剰摂取によるビタミンB欠乏が分かってきたのだという。

 あなたの食生活は、大丈夫?
(さくら舎 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る