「関西電力と原発」矢野宏、高橋宏著

公開日:  更新日:

■関西発の原発事情テキスト

 原発問題を身近な問題として、あらためて考えるための関西発のテキスト。

 福井県の若狭湾沿岸は、関西電力の各原発など、14基もの原発が立ち並び、関西の大都市へ電気を供給する日本一の原発銀座である。

 ある調査によると、そのうち関西電力の美浜原発3基は即時廃炉にすべき原発、大飯原発も危険度総合ランキングのトップに名を挙げられている。若狭湾一帯に存在する巨大な活断層による大地震や、原発事故が起きた際の琵琶湖への影響などをシミュレーションし、それに対する関西電力の安全対策にも言及。さらに原発再稼働派の本音など、さまざまな視点から関西の原発事情を解説する。
(西日本出版社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る