• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ライアー」大沢在昌著

■だまし合いの末に知った真実の愛

 主人公は、大学教授の優しい夫と私立小学校に通う可愛い息子を持ち、マーケットリサーチ会社で働く女・神村奈々。幸せそうな表向きの顔とは別に、奈々には誰にも知られてはならない大きな秘密があった。

 それは、彼女の勤める会社は政府がつくった暗殺組織であり、彼女自身が殺人の才能を持った優秀な工作員であること。仕事は、出張を装った海外で行われ、計画に従って処理作業を済ませた後は、何食わぬ顔をして帰国するのが常だった。ところが、ある日夫が娼婦と思われる女性と一緒に火災に巻き込まれて亡くなったことで、生活が一変。夫は事故で死んだのではなく、何らかの事情で殺されたのではないかという疑いを持った彼女は、長年の経験から生じた予感に突き動かされるようにして、夫の死の謎を解こうとする。果たしてその死の真相とは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る