『「目トレッチ体操」で近視や老眼、白内障、飛蚊症を改善する』山本正子著

公開日:  更新日:

 パソコンやスマホの使用で、毎日目を酷使している現代人。目を支える筋肉に疲労が蓄積して血行不良が続くと、視力の低下やかすみ目ばかりでなく、肩こりや頭痛、そして各種の眼病リスクも高まる。目を酷使する生活が引き金となり、最近では30代でも白内障を発症する場合もあるという。

 本書では、現代人の目の疲れをすっきりと解消する、「目トレッチ体操」を紹介。やり方は、顔を動かさずに目だけを上下左右に、各3秒ずつキープしながら動かす。あるいは、眼球を前に突き出すようなイメージで目を見開き、次に眼球を押し込むイメージでギュッと目を閉じるなど、実に簡単だ。

 目の血行をよくする全身のツボや、ヨガのポーズなどもイラストで解説する。
(SBクリエイティブ1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る