「1969 新宿西口地下広場」大木晴子、鈴木一誌編著

公開日: 更新日:

 まだ最初の高層ビルさえ姿を見せていない1969年2月28日の夕刻、新宿駅西口の地下広場で数人の若者がギターを奏でながら歌いだした。ベトナム戦争反対を訴える若者たちは、以降、毎週土曜日の夕方に広場に現れた。最初は足を止める人も少なかったが、その数は次第に膨れ上がり、多いときには6000人の若者たちが広場を埋め尽くし、共に歌い、活発な議論を戦わせた。しかし、7月に広場は当局によって新宿西口地下通路へと名称が変更され、道路交通法のもとで立ち止まることが許されなくなり、「フォークゲリラ」と呼ばれた運動は終わりを告げる。

 当時は多くの大学が紛争中で、前年秋の国際反戦デーでは「新宿騒乱」が発生、1月には東大の安田講堂が機動隊の手によって陥落するなど、若者たちが社会の矛盾と向き合い、熱く行動を起こしていた。

 本書は、そうした時代にあって、非暴力闘争のシンボル的存在だったこの「フォークゲリラ」を通し、時代の転換点となった1969年を読み解いたビジュアルブック。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る