「1969 新宿西口地下広場」大木晴子、鈴木一誌編著

公開日:  更新日:

 まだ最初の高層ビルさえ姿を見せていない1969年2月28日の夕刻、新宿駅西口の地下広場で数人の若者がギターを奏でながら歌いだした。ベトナム戦争反対を訴える若者たちは、以降、毎週土曜日の夕方に広場に現れた。最初は足を止める人も少なかったが、その数は次第に膨れ上がり、多いときには6000人の若者たちが広場を埋め尽くし、共に歌い、活発な議論を戦わせた。しかし、7月に広場は当局によって新宿西口地下通路へと名称が変更され、道路交通法のもとで立ち止まることが許されなくなり、「フォークゲリラ」と呼ばれた運動は終わりを告げる。

 当時は多くの大学が紛争中で、前年秋の国際反戦デーでは「新宿騒乱」が発生、1月には東大の安田講堂が機動隊の手によって陥落するなど、若者たちが社会の矛盾と向き合い、熱く行動を起こしていた。

 本書は、そうした時代にあって、非暴力闘争のシンボル的存在だったこの「フォークゲリラ」を通し、時代の転換点となった1969年を読み解いたビジュアルブック。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る