『誤解だらけの「食の安全」』有路昌彦著

公開日:  更新日:

“家庭で作ったパンと違い、市販のものがなかなかカビないのは薬漬けの証拠、食べ続けるのは危険だ”

 世の中には食品についてのこんな噂があるが、本当なのか。「食べ物に関する風評被害の防止方法の開発と実践」をテーマに研究している著者によると、市販のパンが腐らないのはパン工場が台所の何倍も清潔で、袋詰めされた後では腐りにくいから。そもそもリスクゼロの食品などなく、流通している食品は「十分低いリスクに抑えられた食品」だそうだ。

「安全と安心は違う」「風評被害は安全と安心の違いで生じる」「怖がり過ぎがむしろ危険を選ぶ」「リスクは量である」の4つの基礎知識があれば、リスク情報特有のウソを見分けられるという。危険な食品に恐れおののく人に薦めたい一冊。

(日本経済新聞出版社 850円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る