「星星の火」 福田和代著

公開日:  更新日:

 上月は警視庁生活安全部保安課の刑事。官舎の隣には警視庁通訳センターに所属する中国語専門通訳の城が住んでいた。城も本来刑事志望だったが、妻が娘を残して家を出たため、娘の養育ができるよう勤務時間の決まった現職に異動したのだ。中国人絡みの事件の増加に伴い、上月が城と共に捜査に当たる機会も多い。上月が摘発した東京・池袋の違法パチスロ店の容疑者・李の取り調べにも城は駆り出された。

 城の巧みな誘導で、李の背後に「竜生九子」という新興の中国人犯罪組織が関係していることが判明。城は自前の在日中国人ネットワークを駆使して竜生九子の情報を集め始めた。その矢先、戻ってきた城の妻・凜子と娘のホノカが何者かに拉致されてしまう。妻子を危険にさらしてしまった責任を感じ、辞職覚悟で犯人を追い詰めていく城。城の暴走を抑えつつ、地道な捜査で真相に迫る上月――。

 破格の通訳捜査官と生真面目な刑事という異色コンビが繰り広げる、新しいタイプの警察小説。複雑な在日中国人社会にも新たな光が当てられ、続編が期待される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る