「我れ、美に殉ず」小嵐九八郎著

公開日: 更新日:

 江戸時代を代表する4人の絵師たちの壮絶な生涯を描いた歴史小説。「あっしは絵が好きなんでえ」「描きてえわい」。異口同音に絵に対する執念を吐露し、命尽きるまで描き続けたことが4人の絵師の共通点。

 久隅守景は狩野派を破門され、権威や枠を打ち破る「この一点」を描こうと七転八倒した。同じく狩野派の絵師、英一蝶は、流罪の憂き目にあい、はるかな江戸、吉原への思いを絵に込めた。伊藤若冲は青物問屋から絵師に転身、生きとし生けるものを描き続けた。浦上玉堂は武士を捨て、七弦琴と絵筆を携えて諸国を放浪。

 彼らはなぜ、地位や家業を捨ててまで絵筆一本に懸けたのか。作者は絵師たちの心の内に入り込み、その激しい揺れと微妙なひだを描き出す。彼らは時に「あ、おーん」と嘆き、「うっ、う……む」と苦悶し、「うん、ふふっ」と膝を打つ。絵師の業の凄みが生々しく迫ってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る