「なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか」マイク・ローボトム著、岩井木綿子訳

公開日: 更新日:

 スローインの時間が変わろうと、試合の勝敗に影響はないかも知れない。実際、プレミアリーグの試合では、何の意味もないスローインの際に大喜びする選手が見られるという。しかし、金儲けのために選手が試合の流れを変える行為は、果たして正しいのか。軽い不正と重い不正という区別が生じることは、スポーツの中に「治外法権の認められる領域」を生むことで、やがて重い不正に対する感覚もマヒしていくだろう。

 マフィアが絡む八百長やドーピングの例も挙げながら、ひいきチームの不正に甘い観客の責任などにも言及していく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る