「病院でも家でも満足して大往生する101のコツ」長尾和宏著

公開日:  更新日:

“ピンピンコロリ”と最期を迎えたいと願う人は多いが、長生きするほどがんや認知症が増えるのが現実だ。しかし、これがイコール“つらい死に方”ではなく、心づもりひとつで穏やかで充実した最期を迎えることが可能だと説く。

 まずは元気なうちに、自分の終末期医療の方向性を示す「リビングウィル」を表明しておこう。これがないと家族の意思によって不本意な治療が進められ、人としての尊厳が奪われる可能性がある。また、自分の口から自分で食べることを諦めないことだ。認知症になっても、おいしく食べることで脳が刺激されて幸せを感じられる。食欲が低下しても嚥下(えんげ)機能さえ維持できれば、水や果物が取れる。最期まで満足感を持って生きることができるはずだ。

(朝日新聞出版 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る