「アイビーリーグの入り方」冷泉彰彦著

公開日:  更新日:

 最近、せっかく合格した東大や京大への入学を辞退してアイビーリーグと呼ばれる米国名門大学に進学する学生が増えている。教育市場もグローバル化し、より知識や人脈が得られる海外の大学へと乗り換える動きが起きているのだ。本書は、米国で長年高校生の進路指導を行ってきた著者による、アイビーリーグ入学指南書だ。

 偏差値もなく理系文系の区別もない米国では、校風や将来の専攻などをもとに大学選びが行われ、試験もペーパーテストによる一発勝負ではない。本書は志望校の選び方から、合格のための準備の仕方や注意点、出願のプロセスに加えて、日本とは全く違う米国一流大学の審査基準を懇切丁寧に解説。自己管理能力やマルチタスク能力が必要とされること、ヘイトスピーチ的な差別的言動には厳しい評価がされることなど、見落としがちなポイントも指摘している。海外進学に興味のある人はもちろん、日本の教育に疑問を持つ人にもおすすめの一冊だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る