「アイビーリーグの入り方」冷泉彰彦著

公開日:  更新日:

 最近、せっかく合格した東大や京大への入学を辞退してアイビーリーグと呼ばれる米国名門大学に進学する学生が増えている。教育市場もグローバル化し、より知識や人脈が得られる海外の大学へと乗り換える動きが起きているのだ。本書は、米国で長年高校生の進路指導を行ってきた著者による、アイビーリーグ入学指南書だ。

 偏差値もなく理系文系の区別もない米国では、校風や将来の専攻などをもとに大学選びが行われ、試験もペーパーテストによる一発勝負ではない。本書は志望校の選び方から、合格のための準備の仕方や注意点、出願のプロセスに加えて、日本とは全く違う米国一流大学の審査基準を懇切丁寧に解説。自己管理能力やマルチタスク能力が必要とされること、ヘイトスピーチ的な差別的言動には厳しい評価がされることなど、見落としがちなポイントも指摘している。海外進学に興味のある人はもちろん、日本の教育に疑問を持つ人にもおすすめの一冊だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る