• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なぜ、一流の人は『疲れ』を翌日に持ち越さないのか」裴英洙著

 プレゼン資料作りで徹夜が続いたときなどは、疲労がたまって仕事の効率が上がらないものだ。しかし、同じように仕事をしていても、デキる人ほど疲労感を見せずにバリバリと仕事をこなす傾向がある。

 彼らは、疲れていないのではない。その日の疲れはその日のうちに解消する術を知っているのだ。例えば、20分以上ガムを噛むこと。噛むという行為は脳の中に快楽物質を分泌させ、安心感や幸福感を呼び起こして疲労を軽減してくれる。

 また、朝食は必ず食べる。前日の夕食から長時間食事を取らず体が飢餓状態になると、脳や筋肉にエネルギーが供給されず、持続力の低下につながるためだ。本書では、そんな疲労回復法を39通りにわたって紹介していく。

(ダイヤモンド社 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る