「なぜ、一流の人は『疲れ』を翌日に持ち越さないのか」裴英洙著

公開日:  更新日:

 プレゼン資料作りで徹夜が続いたときなどは、疲労がたまって仕事の効率が上がらないものだ。しかし、同じように仕事をしていても、デキる人ほど疲労感を見せずにバリバリと仕事をこなす傾向がある。

 彼らは、疲れていないのではない。その日の疲れはその日のうちに解消する術を知っているのだ。例えば、20分以上ガムを噛むこと。噛むという行為は脳の中に快楽物質を分泌させ、安心感や幸福感を呼び起こして疲労を軽減してくれる。

 また、朝食は必ず食べる。前日の夕食から長時間食事を取らず体が飢餓状態になると、脳や筋肉にエネルギーが供給されず、持続力の低下につながるためだ。本書では、そんな疲労回復法を39通りにわたって紹介していく。

(ダイヤモンド社 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る