「なぜ、一流の人は『疲れ』を翌日に持ち越さないのか」裴英洙著

公開日:  更新日:

 プレゼン資料作りで徹夜が続いたときなどは、疲労がたまって仕事の効率が上がらないものだ。しかし、同じように仕事をしていても、デキる人ほど疲労感を見せずにバリバリと仕事をこなす傾向がある。

 彼らは、疲れていないのではない。その日の疲れはその日のうちに解消する術を知っているのだ。例えば、20分以上ガムを噛むこと。噛むという行為は脳の中に快楽物質を分泌させ、安心感や幸福感を呼び起こして疲労を軽減してくれる。

 また、朝食は必ず食べる。前日の夕食から長時間食事を取らず体が飢餓状態になると、脳や筋肉にエネルギーが供給されず、持続力の低下につながるためだ。本書では、そんな疲労回復法を39通りにわたって紹介していく。

(ダイヤモンド社 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る