• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「健康は八割くらいがちょうどええ」石蔵文信著

 本態性高血圧症、片頭痛、腰椎症などは、原因がよく分からないが痛みなどの症状がある場合につけられる病名だ。そして、精神的なストレスが関わっていると考えられるという共通点もある。

 循環器科専門医でうつ病学会評議員でもある著者は、病気は治さなくてはいけないものと考え、懸命に病院に通ってたくさんの薬を服用する行為こそ、ストレスとなり原因不明の病気をつくりだすと警告する。

 食欲がないなら、栄養バランスを心配せずに食べたいものだけ食べる。眠れないのは疲れていないからなので、眠くなるまで起きていればいい。

 完璧な健康など求めず8割ぐらいのほどほどで良しとすることで、心を軽くしストレスを軽減する方法を考えていく。

(KADOKAWA 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る