「健康は八割くらいがちょうどええ」石蔵文信著

公開日:  更新日:

 本態性高血圧症、片頭痛、腰椎症などは、原因がよく分からないが痛みなどの症状がある場合につけられる病名だ。そして、精神的なストレスが関わっていると考えられるという共通点もある。

 循環器科専門医でうつ病学会評議員でもある著者は、病気は治さなくてはいけないものと考え、懸命に病院に通ってたくさんの薬を服用する行為こそ、ストレスとなり原因不明の病気をつくりだすと警告する。

 食欲がないなら、栄養バランスを心配せずに食べたいものだけ食べる。眠れないのは疲れていないからなので、眠くなるまで起きていればいい。

 完璧な健康など求めず8割ぐらいのほどほどで良しとすることで、心を軽くしストレスを軽減する方法を考えていく。

(KADOKAWA 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る