「断糖で100歳まで生きる!」西脇俊二著

公開日: 更新日:

 一般的に“食べ過ぎ”で指摘されるのは、高血圧や肥満の原因といわれる塩分と脂肪の摂取量。しかし、本当に恐ろしいのは主食に含まれる糖質を取り過ぎることだと説く。

 糖質は細胞の老化や糖尿病、そしてうつ病まで、全身にさまざまな弊害をもたらすといわれているが、がんもそのひとつ。実は、がん細胞は糖質が大好物で、正常な細胞の3~8倍もブドウ糖を取り込むことが分かっている。生まれたばかりのごく小さながんでも、糖質を過剰摂取していると成長を加速させてしまう可能性があるわけだ。

 主食の糖質を角砂糖に換算すると、ご飯1膳で14個分にもなる。主食を抜くこと、代わりに赤身肉や青魚をたっぷり取ることなど、上手な“断糖”の仕方も紹介していく。

(宝島社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る

人気キーワード