「断糖で100歳まで生きる!」西脇俊二著

公開日:  更新日:

 一般的に“食べ過ぎ”で指摘されるのは、高血圧や肥満の原因といわれる塩分と脂肪の摂取量。しかし、本当に恐ろしいのは主食に含まれる糖質を取り過ぎることだと説く。

 糖質は細胞の老化や糖尿病、そしてうつ病まで、全身にさまざまな弊害をもたらすといわれているが、がんもそのひとつ。実は、がん細胞は糖質が大好物で、正常な細胞の3~8倍もブドウ糖を取り込むことが分かっている。生まれたばかりのごく小さながんでも、糖質を過剰摂取していると成長を加速させてしまう可能性があるわけだ。

 主食の糖質を角砂糖に換算すると、ご飯1膳で14個分にもなる。主食を抜くこと、代わりに赤身肉や青魚をたっぷり取ることなど、上手な“断糖”の仕方も紹介していく。

(宝島社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る