「板東英二の生前葬」板東英二氏

公開日: 更新日:

終活」という言葉が盛んに取り沙汰され、人生の終わりをどう迎えるかは誰でも考えること。その場合、死を考え、遺言を残すというのがもっとも一般的で、生前葬は聞き慣れない。バラエティー番組などで活躍する著者が、なぜ生前葬なのか。

「最初は遺言のようなイメージで漠然と考えていました。そんな時に、かつて水の江滝子さんが盛大な生前葬をやって話題になったと教えてくれる人がいて。それがヒントになりました。ただ、実際にやるということではなく、僕らしいやり方はないかなと。高校野球、プロ野球で選手をやり、タレントもやって交際範囲が思いもよらないほど広がった。そういう方々との楽しかった思い出を書くことで、実際の生前葬の代わりにできるんじゃないかと思いました」

 第1章は「健さんとロレックス」。高倉健と初共演の映画「あ・うん」でのことなどが描かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る

人気キーワード