• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「板東英二の生前葬」板東英二氏

「終活」という言葉が盛んに取り沙汰され、人生の終わりをどう迎えるかは誰でも考えること。その場合、死を考え、遺言を残すというのがもっとも一般的で、生前葬は聞き慣れない。バラエティー番組などで活躍する著者が、なぜ生前葬なのか。

「最初は遺言のようなイメージで漠然と考えていました。そんな時に、かつて水の江滝子さんが盛大な生前葬をやって話題になったと教えてくれる人がいて。それがヒントになりました。ただ、実際にやるということではなく、僕らしいやり方はないかなと。高校野球、プロ野球で選手をやり、タレントもやって交際範囲が思いもよらないほど広がった。そういう方々との楽しかった思い出を書くことで、実際の生前葬の代わりにできるんじゃないかと思いました」

 第1章は「健さんとロレックス」。高倉健と初共演の映画「あ・うん」でのことなどが描かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る