「2015年版 プロ野球 問題だらけの12球団」小関順二著

公開日: 更新日:

 過去4000試合を観戦してきた著者が、膨大なデータをもとに間もなく開幕するプロ野球各球団の今季の戦力を分析したスポーツハンドブック。

 昨年、日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスは、積極的な補強をした前季オフから一転。今年の目立った補強は、メジャーから国内復帰した松坂大輔投手だけ。捕手の補強が緊急の課題だと指摘する。一方、セ・リーグの読売ジャイアンツはレギュラーの顔ぶれは一流だが、ベテラン偏重で若手が台頭しづらい環境に陥っていると忠告。さらにドラフトの結果を踏まえ、各球団の数年先のチーム状況まで予測。プロ野球観戦が一層楽しくなるファン必携本。

(草思社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  5. 5

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  9. 9

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る