「ザ・ドロップ」デニス・ルヘイン著、加賀山卓朗訳

公開日: 更新日:

 ボストンの下町のバー「カズン・マーブの店」で働くボブは、深夜、ゴミ箱に捨てられていた子犬を助け出す。孤独に暮らしていたボブは、子犬をきっかけにナディアと知り合う。ナディアに預けた子犬を引き取り、一緒に暮らし始めたボブの頭の中は子犬のことでいっぱいだった。

 そんな矢先、バーが2人組の拳銃強盗に襲われ売り上げを奪われる。店は、チェチェン人ギャングたちの闇資金の中継所(ザ・ドロップ)だったが、幸い事件は金の回収後に起きていた。それでもチェチェン人ギャングは、ボブとマーブに強盗から金を奪い返してくるよう命じる。

 アメリカの人気作家の最新刊。(早川書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る