北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「限界点」ジェフリー・ディーヴァー著、土屋晃訳

公開日: 更新日:

 いやはや面白い。主人公コルティは連邦機関所属のボディーガードである。本書はこの男の一人称で語られる。警護対象は刑事ケスラーとその家族だ。追ってくる敵の名はヘンリー・ラヴィング。拉致して拷問によって情報を引き出すのが敵の生業で、だから「調べ屋」という。相手も凄腕のプロなので、ようするに知恵比べである。こういうものを描くと、ディーヴァーの筆は冴えまくる。もうスリル満点だ。

 事態を複雑なものにしているのは、なぜケスラーが狙われるのか、それがコルティにはわからないことだ。それがわかれば、ヘンリー・ラヴィングに仕事を依頼した者の名前もわかる。それを解決しないと真の解決にはならない。だからケスラー刑事のこれまでの仕事も同時に調べることになる。コルティはケスラー家族につきっきりなので、調べるのは部下のクレアだ。こういう脇のキャラクターもなかなかいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る