• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「限界点」ジェフリー・ディーヴァー著、土屋晃訳

 いやはや面白い。主人公コルティは連邦機関所属のボディーガードである。本書はこの男の一人称で語られる。警護対象は刑事ケスラーとその家族だ。追ってくる敵の名はヘンリー・ラヴィング。拉致して拷問によって情報を引き出すのが敵の生業で、だから「調べ屋」という。相手も凄腕のプロなので、ようするに知恵比べである。こういうものを描くと、ディーヴァーの筆は冴えまくる。もうスリル満点だ。

 事態を複雑なものにしているのは、なぜケスラーが狙われるのか、それがコルティにはわからないことだ。それがわかれば、ヘンリー・ラヴィングに仕事を依頼した者の名前もわかる。それを解決しないと真の解決にはならない。だからケスラー刑事のこれまでの仕事も同時に調べることになる。コルティはケスラー家族につきっきりなので、調べるのは部下のクレアだ。こういう脇のキャラクターもなかなかいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る