「ハードラック」薬丸岳著

公開日: 更新日:

 派遣社員として働く仁は、だまされて一文無しに。追い詰められて闇の仕事の掲示板に書き込みをして、森下という男が仲介する仕事を何度かこなすが、怖くなってやめてしまう。しかし、まともな仕事は見つからず、今度は自ら闇の掲示板で仲間を募ると、男女4人が集まってきた。そのうちのひとりの男の提案で、軽井沢の別荘で優雅に暮らす夫婦の家に強盗に入ることに。屋敷に押し入ることに成功したが、仁は背後から殴られ気を失ってしまう。気が付いた時には屋敷の外に横たわっていて、仲間の姿は消え、屋敷が燃えていた。ひとり東京に逃げ帰ったものの、自分が強盗殺人放火犯になっていることを知る。

 新鋭による一気読み必至の社会派ミステリー。(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  5. 5

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る

人気キーワード