「エウレカの確率」石川智健著

公開日: 更新日:

 経済学を使って犯罪を分析するというユニークな経済学捜査員・伏見真守の〈エウレカ・シリーズ〉の第2弾。

 大手製薬会社の向山製薬の研究所内で「研究所で人体実験が行われている」と告発する怪文書が発見された。犯人捜しを命じられたコンプライアンス課課長の玉木は容疑者を3人にまで絞る。そこで行き詰まっていたところ3人のうちの1人がアレルギー発作でショック死する。いったんは事件性なしと判断されたが、他殺の疑いがありとする特別捜査官の伏見が向山製薬内の捜査に着手する。玉木はお目付け役として伏見と行動を共にするが、およそ捜査官らしからぬ風貌と言動に面食らってしまう。しかも、アンカリング、フレーミング、ナッシュ均衡といった行動経済学の理論を犯罪に当てはめて犯人を捜すというのだ。伏見は玉木の戸惑いをよそに、独自に収集した情報を組み合わせていくことで事件の真相に迫っていく……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る