「エウレカの確率」石川智健著

公開日:  更新日:

 経済学を使って犯罪を分析するというユニークな経済学捜査員・伏見真守の〈エウレカ・シリーズ〉の第2弾。

 大手製薬会社の向山製薬の研究所内で「研究所で人体実験が行われている」と告発する怪文書が発見された。犯人捜しを命じられたコンプライアンス課課長の玉木は容疑者を3人にまで絞る。そこで行き詰まっていたところ3人のうちの1人がアレルギー発作でショック死する。いったんは事件性なしと判断されたが、他殺の疑いがありとする特別捜査官の伏見が向山製薬内の捜査に着手する。玉木はお目付け役として伏見と行動を共にするが、およそ捜査官らしからぬ風貌と言動に面食らってしまう。しかも、アンカリング、フレーミング、ナッシュ均衡といった行動経済学の理論を犯罪に当てはめて犯人を捜すというのだ。伏見は玉木の戸惑いをよそに、独自に収集した情報を組み合わせていくことで事件の真相に迫っていく……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る