「エウレカの確率」石川智健著

公開日: 更新日:

 経済学を使って犯罪を分析するというユニークな経済学捜査員・伏見真守の〈エウレカ・シリーズ〉の第2弾。

 大手製薬会社の向山製薬の研究所内で「研究所で人体実験が行われている」と告発する怪文書が発見された。犯人捜しを命じられたコンプライアンス課課長の玉木は容疑者を3人にまで絞る。そこで行き詰まっていたところ3人のうちの1人がアレルギー発作でショック死する。いったんは事件性なしと判断されたが、他殺の疑いがありとする特別捜査官の伏見が向山製薬内の捜査に着手する。玉木はお目付け役として伏見と行動を共にするが、およそ捜査官らしからぬ風貌と言動に面食らってしまう。しかも、アンカリング、フレーミング、ナッシュ均衡といった行動経済学の理論を犯罪に当てはめて犯人を捜すというのだ。伏見は玉木の戸惑いをよそに、独自に収集した情報を組み合わせていくことで事件の真相に迫っていく……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る

人気キーワード