「牛と土 福島、3・11その後。」眞並恭介著

公開日:  更新日:

 東日本大震災で引き起こされた原発事故で、警戒区域となった地には取り残された約3500頭もの牛がいた。餌を与えていた人間を失った牛は、牛舎につながれたまま餓死を遂げるか、放たれて野生化するしかない状況に追い込まれた。

 国は、運よく生き延びた牛が増えるのを恐れて殺処分命令を出したが、牛と共に暮らしてきた牛飼いたちのなかには、牛を生かす道を懸命に模索する者がいた。

 本書は、そうした牛飼いと、獣医や研究者たちの苦闘を丹念に取材した執念のノンフィクションだ。

 牛を生かそうと決意した牛飼いには、警戒区域への立ち入りを巡る行政との攻防や、餌を調達するためのコストとの闘いが待っていた。だが、奮闘を続けるうち、家畜でもない、ペットでもない、野生動物でもない被曝した牛には、研究対象としての存在価値、さらに荒れ果てた農地を保全させる価値があることが分かってくる。理不尽な選択を迫られた人々の真摯な姿勢が胸に迫る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る