• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「向かい風でも君は咲く」喜多嶋隆著

 ゴルフ場研修生の哲也は県警本部の河本から、日本女子アマで優勝した高校生の夕花の専属キャディーとして身辺警護を頼まれる。5日前に夕花を名指しした脅迫状が届いたのだという。

 2カ月前に公開イベントでアイドルが矢を胸に撃たれる事件が起きた。同一犯からの脅迫状らしい。貧しい母子家庭で育った夕花にとって、間近に迫った大会はスポンサー企業を獲得するためのまたとないチャンスで、彼女に欠場の選択はない。経営者が倒れ休業中のゴルフ練習場で寝起きする夕花の登下校や、練習に付き添う日々が始まった。数日後、哲也は車を尾行されていることに気づく。衆人環視のゴルフ場で展開する緊迫サスペンス。(光文社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る