• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シェリ」コレット著、工藤庸子訳

【話題】ゾラの「ナナ」は、高級娼婦としてパリの上流人士たちを次々と籠絡して破滅に追いやったが、その激しい蕩尽ぶりは自らの命も縮め10代で短い生涯を終えた。もし彼女が長生きしていたら、どんな女性になっていたのか? コレットのこの作品は、そんな想像をかき立ててくれる。

【あらすじ】レアは、かつて高級娼婦として名を馳せ、現在は相当な財産をため込んで優雅な隠退生活を送っている49歳。この6年間、娼婦仲間の息子で美しい青年の「シェリ」と付き合ってきた。わがままで粗野なこの青年に対し母親的な愛情も込めて何くれと世話を焼いてきたが、シェリの母親は2人の関係を好ましく思っておらず、半ば強引にシェリを若い娘と結婚させる。レアはシェリの結婚を素直に受け入れるが、いざ別れるとなると、いかにシェリの存在が大きかったかを思い知らされ、現実から逃避するかのように傷心の旅に出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る