「シェリ」コレット著、工藤庸子訳

公開日:  更新日:

【話題】ゾラの「ナナ」は、高級娼婦としてパリの上流人士たちを次々と籠絡して破滅に追いやったが、その激しい蕩尽ぶりは自らの命も縮め10代で短い生涯を終えた。もし彼女が長生きしていたら、どんな女性になっていたのか? コレットのこの作品は、そんな想像をかき立ててくれる。

【あらすじ】レアは、かつて高級娼婦として名を馳せ、現在は相当な財産をため込んで優雅な隠退生活を送っている49歳。この6年間、娼婦仲間の息子で美しい青年の「シェリ」と付き合ってきた。わがままで粗野なこの青年に対し母親的な愛情も込めて何くれと世話を焼いてきたが、シェリの母親は2人の関係を好ましく思っておらず、半ば強引にシェリを若い娘と結婚させる。レアはシェリの結婚を素直に受け入れるが、いざ別れるとなると、いかにシェリの存在が大きかったかを思い知らされ、現実から逃避するかのように傷心の旅に出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る