シンプル生活術を学ぶ編

公開日: 更新日:

「必要十分生活」たっく著

 画面操作だけで投資も売買もできる、スイッチを押すだけで掃除も洗濯もできる。便利な時代だが、便利になればなるほどモノは増え、ゴミもストレスも増える。ここらでちょっと方向転換。シンプルな生活を目指してみよう。

 特に仕事の環境をシンプルにしたいという人にオススメしたいのが「必要十分生活」(たっく著 大和書房 1200円+税)だ。必要にして十分なモノだけを残すノウハウが紹介されている。

 今まで片づけや収納の本を読んで実践してみたがうまくいかなかったという人は多いだろう。それは自分のライフスタイルに合わなかったからなのだ。まず、自分のライフスタイルに合わせた自分なりのルールをつくる。そして試行錯誤を繰り返す。これが第一歩である。

 著者は机の上を片づけるため不要なものを一掃した。筆記具は万年筆1本、ボールペン1本あれば十分。だからペン立ては要らない。使う頻度が1日1回以内の文房具は引き出しにしまう。携帯の充電器も1日1回充電すればすむからしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る