• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シンプル生活術を学ぶ編

「必要十分生活」たっく著

 画面操作だけで投資も売買もできる、スイッチを押すだけで掃除も洗濯もできる。便利な時代だが、便利になればなるほどモノは増え、ゴミもストレスも増える。ここらでちょっと方向転換。シンプルな生活を目指してみよう。

 特に仕事の環境をシンプルにしたいという人にオススメしたいのが「必要十分生活」(たっく著 大和書房 1200円+税)だ。必要にして十分なモノだけを残すノウハウが紹介されている。

 今まで片づけや収納の本を読んで実践してみたがうまくいかなかったという人は多いだろう。それは自分のライフスタイルに合わなかったからなのだ。まず、自分のライフスタイルに合わせた自分なりのルールをつくる。そして試行錯誤を繰り返す。これが第一歩である。

 著者は机の上を片づけるため不要なものを一掃した。筆記具は万年筆1本、ボールペン1本あれば十分。だからペン立ては要らない。使う頻度が1日1回以内の文房具は引き出しにしまう。携帯の充電器も1日1回充電すればすむからしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る