【地方消滅】全国7万7000寺のうち約2万寺が「無住寺院」

公開日:  更新日:

「寺院消滅」鵜飼秀徳著

 地方の過疎化、人口減少が叫ばれて久しいが、実はそれに伴い各地の寺院も存続の危機に瀕している。

 原因は核家族化により墓を菩提寺から引き揚げ永代供養にする、住職の高齢化と後継者不足、さらには家族葬や散骨などの増加、仏事の簡素化による寺院経営の行き詰まりだ。

 過疎が進めば檀家が減り、食べていけない住職は葬儀社に雇われ、葬儀会場に派遣される。寺の貧困化が結果的に民間の葬祭業者を利し、寺はますます貧困化するという悪循環が起こっているというのだ。

 現在、日本には7万7000寺があるが、住職がおらず後継者も見つからない「無住寺院」は約2万寺、すでに宗教活動を停止した「不活動寺院」は2000寺以上にものぼる。“空き家”となった寺には不審火、仏像盗難、法人格の譲渡といった危険性もさることながら、寺の消失は地縁の崩壊、そして自分につながる過去を失うことになると著者は指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る