【地方消滅】全国7万7000寺のうち約2万寺が「無住寺院」

公開日: 更新日:

「寺院消滅」鵜飼秀徳著

 地方の過疎化、人口減少が叫ばれて久しいが、実はそれに伴い各地の寺院も存続の危機に瀕している。

 原因は核家族化により墓を菩提寺から引き揚げ永代供養にする、住職の高齢化と後継者不足、さらには家族葬や散骨などの増加、仏事の簡素化による寺院経営の行き詰まりだ。

 過疎が進めば檀家が減り、食べていけない住職は葬儀社に雇われ、葬儀会場に派遣される。寺の貧困化が結果的に民間の葬祭業者を利し、寺はますます貧困化するという悪循環が起こっているというのだ。

 現在、日本には7万7000寺があるが、住職がおらず後継者も見つからない「無住寺院」は約2万寺、すでに宗教活動を停止した「不活動寺院」は2000寺以上にものぼる。“空き家”となった寺には不審火、仏像盗難、法人格の譲渡といった危険性もさることながら、寺の消失は地縁の崩壊、そして自分につながる過去を失うことになると著者は指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る