• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「100歳まで健康に生きるための111の話」白澤卓二著

 アンチエイジング学の第一人者が、健康長寿で人生をまっとうするための111の方法を伝授。
 血管を強く保つためには、脂肪細胞を小さく保つことが重要だ。毎日の適度な運動によって脂肪細胞を小さく保つと、アディポネクチンという物質の分泌量が増加する。これは、血管の壁を崩れにくくして、血栓による心筋梗塞や脳卒中の予防に役立つという。

 認知機能を維持したいなら、緑茶がおすすめだ。高齢になると悪玉アミノ酸であるホモシステイン酸が排出されにくくなるが、この物質には神経毒性があり、認知機能の低下を招く。緑茶にはホモシステイン酸の血中濃度を下げる効果があり、認知症患者に1カ月続けて摂取させたところ、認知機能の改善効果が見られたという。(毎日新聞出版 1111円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る