「100歳まで健康に生きるための111の話」白澤卓二著

公開日:  更新日:

 アンチエイジング学の第一人者が、健康長寿で人生をまっとうするための111の方法を伝授。
 血管を強く保つためには、脂肪細胞を小さく保つことが重要だ。毎日の適度な運動によって脂肪細胞を小さく保つと、アディポネクチンという物質の分泌量が増加する。これは、血管の壁を崩れにくくして、血栓による心筋梗塞や脳卒中の予防に役立つという。

 認知機能を維持したいなら、緑茶がおすすめだ。高齢になると悪玉アミノ酸であるホモシステイン酸が排出されにくくなるが、この物質には神経毒性があり、認知機能の低下を招く。緑茶にはホモシステイン酸の血中濃度を下げる効果があり、認知症患者に1カ月続けて摂取させたところ、認知機能の改善効果が見られたという。(毎日新聞出版 1111円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る