「100歳まで健康に生きるための111の話」白澤卓二著

公開日:  更新日:

 アンチエイジング学の第一人者が、健康長寿で人生をまっとうするための111の方法を伝授。
 血管を強く保つためには、脂肪細胞を小さく保つことが重要だ。毎日の適度な運動によって脂肪細胞を小さく保つと、アディポネクチンという物質の分泌量が増加する。これは、血管の壁を崩れにくくして、血栓による心筋梗塞や脳卒中の予防に役立つという。

 認知機能を維持したいなら、緑茶がおすすめだ。高齢になると悪玉アミノ酸であるホモシステイン酸が排出されにくくなるが、この物質には神経毒性があり、認知機能の低下を招く。緑茶にはホモシステイン酸の血中濃度を下げる効果があり、認知症患者に1カ月続けて摂取させたところ、認知機能の改善効果が見られたという。(毎日新聞出版 1111円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る