「作家の珈琲」コロナ・ブックス編集部著

公開日: 更新日:

 作家と彼らが愛したコーヒーとの関係にスポットライトを当てたビジュアルブック。

 冒頭に登場するのは「鬼平犯科帳」シリーズなどで絶大な人気を博し、食通としても知られる池波正太郎。江戸の食文化に通じていた氏は、意外にも食後に必ず飲むほどのコーヒー好き。当時は珍しかった「水出しコーヒー」を味わった定宿の山の上ホテルのコーヒーパーラーや、ホテル近くの「古瀬戸珈琲店」、そして京都の「イノダコーヒ」など、その他作家の行きつけの45店や、作家本人の筆によるコーヒーにまつわる文章、そして生前のエピソードなどを写真と共に紹介していく。

 92歳で天寿を全うした安岡章太郎は長女の治子さんの寄稿によると、年を取るにつれて1日に100本近く吸っていたというたばこをはじめ、嗜好品はどれもやめてしまったのに、コーヒーだけは「寝る前に飲むと、ゆっくり休める」と言って最晩年まで楽しみ、家の中にいつもコーヒーの香りが漂うほどだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る