「秘島図鑑」清水浩史著

公開日: 更新日:

 日本に7000もある離島から、とびっきりの「秘島」を厳選した異色ビジュアル・ガイドブック。何が異色かといえば、本書を手にしてその島が気に入ったとしても、上陸はもちろん、(ほぼ)行くことさえ出来ない島ばかりなのだ。そこが秘島の秘島たるゆえんだ。その他にも「もの言いたげな佇まい(島の姿、形が個性的なもの)」「知られざる歴史を秘めている」など、著者が定めたいくつかの条件をクリアして「秘島」とされた33島を巡る。

 例えば、東京から1300キロ、小笠原(父島)から330キロ離れた「南硫黄島」は、火山島のため周囲は断崖絶壁で、その不気味な威圧感は「秘島の中でも、ピカイチ」。かつてこの島に定住した人はなく、19世紀後半に漂流者3人が3年半暮らしたという記録が残る「人跡ほぼ未踏」の地である。この漂流者の発見以来、開戦まで小笠原と硫黄島を結ぶ定期船が年1回、漂流者の有無を確かめるためだけに120キロの遠回りをして汽笛を鳴らしながらこの島を一周したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る