• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「秘島図鑑」清水浩史著

 日本に7000もある離島から、とびっきりの「秘島」を厳選した異色ビジュアル・ガイドブック。何が異色かといえば、本書を手にしてその島が気に入ったとしても、上陸はもちろん、(ほぼ)行くことさえ出来ない島ばかりなのだ。そこが秘島の秘島たるゆえんだ。その他にも「もの言いたげな佇まい(島の姿、形が個性的なもの)」「知られざる歴史を秘めている」など、著者が定めたいくつかの条件をクリアして「秘島」とされた33島を巡る。

 例えば、東京から1300キロ、小笠原(父島)から330キロ離れた「南硫黄島」は、火山島のため周囲は断崖絶壁で、その不気味な威圧感は「秘島の中でも、ピカイチ」。かつてこの島に定住した人はなく、19世紀後半に漂流者3人が3年半暮らしたという記録が残る「人跡ほぼ未踏」の地である。この漂流者の発見以来、開戦まで小笠原と硫黄島を結ぶ定期船が年1回、漂流者の有無を確かめるためだけに120キロの遠回りをして汽笛を鳴らしながらこの島を一周したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る