「私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり」小西洋之著

公開日: 更新日:

 安倍政権が強行する「安保法案」のデタラメを暴いた反論本。安倍政権を舌鋒鋭く追及してきた民主党・小西洋之参院議員が、昨年7月1日の閣議決定による「解釈改憲」の“からくり”を浮き彫りにした。

 冒頭では、「集団的自衛権は憲法違反」と結論づける「昭和47年政府見解」を、安倍政権がいかにして“読み替え”たのかを徹底分析。また、憲法前文が規定する「平和主義」の切り捨てを真っ向批判する。

 慶大名誉教授の小林節氏も「解釈『壊憲』を撃退するバイブル!」と太鼓判だ。複雑化する安保法案に、いまひとつピンとこない読者も目からウロコが落ちること請け合い。(八月書館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  7. 7

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  8. 8

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る