安保法案強行採決で考える「日本はなぜ戦争に突き進んだのか」

公開日: 更新日:

「太平洋戦争」児島襄著

 今年は、戦後70年。今や日本人の多くが「戦争を知らない子供たち」だが、安保法案が強行採決され、にわかに戦争が現実味を帯びてきた。あらためて「日本はなぜ戦争へと進んだのか」「戦争で人々に何が起こったのか」を知っておきたい。「戦争×文学」(集英社 全20巻)の編者のひとりで、歴史学者の成田龍一氏が選ぶ10冊は――。

 5年の歳月を費やして国内外の資料にあたり、戦争に突き進んだ過程を概説した戦争史。

「世界に出ていきたい日本と、英国や米国などの時の大国と利権をめぐり、対立したというのが大筋です。当時、政府が主張したのは、石油や鉄などの輸出をストップした英米などABCD包囲網を突破しなければ日本は孤立する、我々は被害者だというもの。孤立への危機感が日本を戦争に踏み切らせたわけです。もっとも政府は開戦までに、治安維持法で言論を取り締まり、日米交渉の決裂を理由に包囲網と対抗するには独国と手を組むしかないなど、少しずつ最終的には戦争に踏み切るしかない方向に持っていきました。安倍政権が特定秘密保護法、武器輸出の許可、安保改正と徐々に道筋を整える手法は、重なるところがあります」(中央公論社上・下各920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る