• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【特別編】これが一行でヒットを生む法則

「1行バカ売れ」川上徹也著 角川新書

 キャッチコピーはとてつもなく大切だ。私がそう認識したのは、いまから12年前、自著の「年収300万円時代を生き抜く経済学」が、文庫版も含めると40万部以上の大ヒットとなったときだった。

 それまでの私の著作は、数万部売れたら御の字だった。だから大ヒットは、百パーセント、タイトルのおかげだと思っている。実はこの本は、直前まで「新たな二重構造を生き抜く経済学」というタイトルだった。印刷に入る直前、編集者から「いいタイトルを思いついた」という電話がかかってきて、急きょ、変更したのだ。そのとき、私も少し売れるかなという予感がした。その後、「年収300万」は流行語大賞のトップテンに選ばれた。

 本書は、たった1行で大ヒットを生み出したキャッチコピーの法則を明らかにしている。ただし、本書が優れている点は、短いフレーズで、心をわしづかみしてしまう珠玉のキャッチコピーが、ふんだんに事例として掲載されていることだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る