• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【特別編】これが一行でヒットを生む法則

「1行バカ売れ」川上徹也著 角川新書

 キャッチコピーはとてつもなく大切だ。私がそう認識したのは、いまから12年前、自著の「年収300万円時代を生き抜く経済学」が、文庫版も含めると40万部以上の大ヒットとなったときだった。

 それまでの私の著作は、数万部売れたら御の字だった。だから大ヒットは、百パーセント、タイトルのおかげだと思っている。実はこの本は、直前まで「新たな二重構造を生き抜く経済学」というタイトルだった。印刷に入る直前、編集者から「いいタイトルを思いついた」という電話がかかってきて、急きょ、変更したのだ。そのとき、私も少し売れるかなという予感がした。その後、「年収300万」は流行語大賞のトップテンに選ばれた。

 本書は、たった1行で大ヒットを生み出したキャッチコピーの法則を明らかにしている。ただし、本書が優れている点は、短いフレーズで、心をわしづかみしてしまう珠玉のキャッチコピーが、ふんだんに事例として掲載されていることだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事