• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「XY」徳永圭著

 物語の主人公は、手芸用専門商社で商品の仕入れをしている宗谷聡子33歳。会社の健康診断で右の卵巣の腫れを指摘され、精密検査で卵巣嚢腫が発覚した。

 ショックを受けて帰る道すがら、聡子はふと駅のホームでユリの花束を持って立つ黒いスーツの男に目を留める。喪失感を抱えたような不思議なたたずまいに目が離せなくなったがそのまま気を失って倒れ、その男に助けられた。そして摘出手術を受けた後、偶然その男と再会して恋に落ちる。しかし特許事務所に勤め、広いマンションでひとり暮らしをしていたその堂島という男は、聡子の知らない事情を抱えていた。聡子は堂島を愛するがゆえに、禁断の行動を開始する……。

 本書は、2011年に「をとめ模様、スパイ日和」で第12回ボイルドエッグズ新人賞を受賞してデビューした新人作家の最新作。生きることにハリをなくしていた主人公が病気や恋愛を経て、思い切った賭けに出る心模様とラストの仕掛けが読みどころだ。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る