• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「XY」徳永圭著

 物語の主人公は、手芸用専門商社で商品の仕入れをしている宗谷聡子33歳。会社の健康診断で右の卵巣の腫れを指摘され、精密検査で卵巣嚢腫が発覚した。

 ショックを受けて帰る道すがら、聡子はふと駅のホームでユリの花束を持って立つ黒いスーツの男に目を留める。喪失感を抱えたような不思議なたたずまいに目が離せなくなったがそのまま気を失って倒れ、その男に助けられた。そして摘出手術を受けた後、偶然その男と再会して恋に落ちる。しかし特許事務所に勤め、広いマンションでひとり暮らしをしていたその堂島という男は、聡子の知らない事情を抱えていた。聡子は堂島を愛するがゆえに、禁断の行動を開始する……。

 本書は、2011年に「をとめ模様、スパイ日和」で第12回ボイルドエッグズ新人賞を受賞してデビューした新人作家の最新作。生きることにハリをなくしていた主人公が病気や恋愛を経て、思い切った賭けに出る心模様とラストの仕掛けが読みどころだ。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る