「XY」徳永圭著

公開日:  更新日:

 物語の主人公は、手芸用専門商社で商品の仕入れをしている宗谷聡子33歳。会社の健康診断で右の卵巣の腫れを指摘され、精密検査で卵巣嚢腫が発覚した。

 ショックを受けて帰る道すがら、聡子はふと駅のホームでユリの花束を持って立つ黒いスーツの男に目を留める。喪失感を抱えたような不思議なたたずまいに目が離せなくなったがそのまま気を失って倒れ、その男に助けられた。そして摘出手術を受けた後、偶然その男と再会して恋に落ちる。しかし特許事務所に勤め、広いマンションでひとり暮らしをしていたその堂島という男は、聡子の知らない事情を抱えていた。聡子は堂島を愛するがゆえに、禁断の行動を開始する……。

 本書は、2011年に「をとめ模様、スパイ日和」で第12回ボイルドエッグズ新人賞を受賞してデビューした新人作家の最新作。生きることにハリをなくしていた主人公が病気や恋愛を経て、思い切った賭けに出る心模様とラストの仕掛けが読みどころだ。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る