「1行家計簿」天野伴著

公開日:  更新日:

 昨今、家計簿アプリなども登場しスマホでもつけられるようになった家計簿。毎日の出費をすべて記録して、家計の無駄の発見と改善につなげるのが理想だが、記録のための記録に陥って無駄遣いを解消できないか、あるいは煩雑さからフェードアウトを迎えがちだ。そこで、毎日たった1行の家計簿で浪費生活から貯金生活への転換を提案しているのがこの本だ。

 至ってシンプルなその方法とは、節約したい項目を1つに絞って記録するというもの。たとえば、つい日常で使ってしまう「コーヒー代」や「お菓子代」など、なんとなくずるずると消費してしまうけれど本当は減らしたいターゲットを毎日記録する。1日に10秒程度の労力なら、続けるのは簡単で振り返りもすぐできるため、行動の改善に結びつきやすい。

 本書についている基本フォーマットをコピーすれば、読んだその日から始められる。手書き推奨なので、パソコンやスマホ苦手派にもハードルが低いのもうれしい。(ダイヤモンド社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る