「1行家計簿」天野伴著

公開日:  更新日:

 昨今、家計簿アプリなども登場しスマホでもつけられるようになった家計簿。毎日の出費をすべて記録して、家計の無駄の発見と改善につなげるのが理想だが、記録のための記録に陥って無駄遣いを解消できないか、あるいは煩雑さからフェードアウトを迎えがちだ。そこで、毎日たった1行の家計簿で浪費生活から貯金生活への転換を提案しているのがこの本だ。

 至ってシンプルなその方法とは、節約したい項目を1つに絞って記録するというもの。たとえば、つい日常で使ってしまう「コーヒー代」や「お菓子代」など、なんとなくずるずると消費してしまうけれど本当は減らしたいターゲットを毎日記録する。1日に10秒程度の労力なら、続けるのは簡単で振り返りもすぐできるため、行動の改善に結びつきやすい。

 本書についている基本フォーマットをコピーすれば、読んだその日から始められる。手書き推奨なので、パソコンやスマホ苦手派にもハードルが低いのもうれしい。(ダイヤモンド社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る