「相続破産」五十嵐明彦著

公開日: 更新日:

 改正された相続税では何と基礎控除が4割も減額になる。いままでは「5000万円+1000万円×法定相続人の数」が基礎控除額。しかし新制度では「3000万円+600万円×法定相続人の数」になる。たとえば亡夫の財産を妻と2人の子で相続する場合、いままでなら8000万円まで相続税なしだったが、改正後は4800万円。なんと3200万円も基礎控除が減ってしまうのだ。ではどう対策すればいいのか。本書はさまざまな方法を教えてくれる。

 たとえば今注目の生前相続。こちらの基礎控除は年間110万円。しかも相続税の場合と違って、本人が生きている限り毎年使える。たとえば毎年110万円ずつ10年間の生前贈与を受ければ、1100万円まで相続税の心配なしに財産を継承できる。しかも相手を選ばないから、自分の妻や子どもたちにも贈与してもらい、家族ぐるみで生前贈与を受けるなどという手段も可能なのだ。知っているようで何も知らない相続の仕組みを、今さら周囲には聞きにくい初歩的なことから教えてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  7. 7

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  8. 8

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  9. 9

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  10. 10

    デビュー45周年で人気再燃 岡田奈々「永遠の清純派」伝説

もっと見る