「相続破産」五十嵐明彦著

公開日:  更新日:

 改正された相続税では何と基礎控除が4割も減額になる。いままでは「5000万円+1000万円×法定相続人の数」が基礎控除額。しかし新制度では「3000万円+600万円×法定相続人の数」になる。たとえば亡夫の財産を妻と2人の子で相続する場合、いままでなら8000万円まで相続税なしだったが、改正後は4800万円。なんと3200万円も基礎控除が減ってしまうのだ。ではどう対策すればいいのか。本書はさまざまな方法を教えてくれる。

 たとえば今注目の生前相続。こちらの基礎控除は年間110万円。しかも相続税の場合と違って、本人が生きている限り毎年使える。たとえば毎年110万円ずつ10年間の生前贈与を受ければ、1100万円まで相続税の心配なしに財産を継承できる。しかも相手を選ばないから、自分の妻や子どもたちにも贈与してもらい、家族ぐるみで生前贈与を受けるなどという手段も可能なのだ。知っているようで何も知らない相続の仕組みを、今さら周囲には聞きにくい初歩的なことから教えてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る