• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2020年マンション大崩壊」牧野知弘著

 団塊世代が後期高齢者の年齢に到達する2024年以降、彼らが所有する家が空き家となり社会問題化すると著者は予測する。中でも深刻なのは、マンションの空き住戸だという。東京の空き家約82万戸(2013年調査)の64%がマンションだそうだ。

 マンション需要が急減する中、今も新築マンションは次々と建設され、老朽化したマンションの空き住戸率がさらに上昇することは目に見えている。相続権の拡散、管理費や修繕費積立金の滞納が発生し、やがてそうしたマンションはスラム化していく。

 全国に600万戸、国内の住宅の1割を占めるマンションの空き住戸問題の現実を紹介しながら、その処方箋を説く。(文藝春秋 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る