「2020年マンション大崩壊」牧野知弘著

公開日:  更新日:

 団塊世代が後期高齢者の年齢に到達する2024年以降、彼らが所有する家が空き家となり社会問題化すると著者は予測する。中でも深刻なのは、マンションの空き住戸だという。東京の空き家約82万戸(2013年調査)の64%がマンションだそうだ。

 マンション需要が急減する中、今も新築マンションは次々と建設され、老朽化したマンションの空き住戸率がさらに上昇することは目に見えている。相続権の拡散、管理費や修繕費積立金の滞納が発生し、やがてそうしたマンションはスラム化していく。

 全国に600万戸、国内の住宅の1割を占めるマンションの空き住戸問題の現実を紹介しながら、その処方箋を説く。(文藝春秋 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る